ちょっとだけ風水

風水とは?

不思議な風水

風水と聞くとちょっと怪しげに聞こえる方も多いのでは。
実際、目に見えるわけでもなく何かつかみどころが難しい。
風水は環境学・統計学と言われています。数千年もの長い間コツコツと積み上げられたものを研究してきた学問の一種なのです。
風水において注目されるのが「気」の流れ。
普段の暮らしの中では気が付かないものであり、実際のところよく分かりません。しかし、風水は人間心理に大きな影響力を持っています。
目に見えない不思議な「気」に人の心が影響されるのです。

風水は迷信?

Dr.?

家庭内に不幸が起きたり、商売が上手くいかなくなったり、健康を害したりすると、とたんに風水を気にし始めたりします。
「不安な思いをしたくない」「安心して毎日を過ごしたい」そんな人の心が風水へと引き付け、一度人の心をつかむと離さないのも事実です。

風水とは気の流れを読み、よどんだ気の流れをコントロールすることで運気を改善していく方法です。

今は少ないのですが昔の大工さんは風水的なことをよく知っていました。私がまだ小僧のころ一緒にいた大工さんから様々なエピソードを聞いてきました。
例えば、あるお客さんの家で家族の一人が大病を患いそれを聞いた大工さんが玄関をもっと綺麗にかたずけるようアドバイスしたそうです。すると、不思議と病気が改善されていった。というような話は数多く聞きました。

風水の魅力

風水の基本は掃除と言われています。実際、掃除をして綺麗になると不思議と部屋の雰囲気がよくなり気分がいいものです。
気の流れは人の心と通じ合い、心が癒され、晴れやかな気分になることから風水の魅力の一つでもあります。

ここで一つ

心地よい空間

知ってて便利! 正しい開運グッズの「置き場所」とは?

インテリアを決めるときに参考にしてほしいことで

  • 「東」は青や赤
  • 「西」は黄色やピンク
  • 「南」は緑
  • 「北」は白

各方位ごとに相性がいい「色」があります。
「東」は太陽が昇ってくる方位。朝陽には強い力があります。電話やテレビは東に置くことで、いい情報がたくさん入ってきます。
「南」には小さめな観葉植物などを置くと木から出るパワーをもらうことができ、健康になれます。反対に花瓶や金魚鉢などの水ものを置くと人を遠ざけてしまうことになるので注意。
金運を上げたければ「西」に金色のものを置きましょう。ただし、西側に玄関やベランダがあると運気が逃げてしまうので、少し厚手の黄色のカーテンや山吹色のカーテンをして、西日をシャットアウトしてください。
風水には「この方向には絶対この色!」 というように、必要以上に神経質になる必要はありません。
ある程度の効果を期待して生活の中に取り入れて楽しんでください。

戻る