職人のたわいも無い妄想みたいなもんですから、片目つぶって読んで下さい。

業界の仕組み、設備・大工編

トイレや風呂、キッチンなど「設備」が絡む工事には専門業者が必要です。
また、私の若い頃は、そういった設備に関する資材は、代理店(設備屋)を通さないと入手出来ませんでした。今のようにホームセンターやインターネットなどの環境が整っていなかった時代がありました。
そういった背景で存在しているのが設備屋さんです。

大工さんもまた、昔から現場を仕切る立場でした。昔は建材の「かんなかけ」とかやっていたんですから、今とは大分違います。

職人や業者には、暗黙の立場が存在しています。こういった構造は社会のあちこちで見られると思います。

この記事、分かる人にだけ伝われば良いと思っています。

職人のたわいも無い妄想みたいなもんですから、片目つぶって読んで下さい。

戻る


Tag: コラム